FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-04-29 22:22 | カテゴリ:
IMG_1236.jpg

春先から休日出勤が多くてなかなか花見もいけない状態でしたが
ようやくそのあわただしさも落ち着いたので
ぼちぼち今シーズンも始動です。


久々の滝ということで綺麗な水を見たい!という衝動に駆られて
板室温泉方面へ。

IMG_1302.jpg

乙女の滝

お手軽な滝で割と有名な滝なんじゃないでしょうか。
滝姿は好きなんですけど、すぐ上が道路なこともあり
ゴミが目についてしまいますね。


さてこの「乙女」に対する「男」の滝がこの近くにあるのをご存知でしょうか。
道路地図にもその名前はありますが案外知られていないように思います。

その「男」の滝へ行ってきました。


県道369号線から深山ダム方面へ向かい滝の近くで車を停めます。
滝は県道の下にあるので降っていきます。


DSCF1220.jpg

DSCF1215.jpg


急な傾斜ですがしっかりとしたルートがあり先人か地元の方が通したロープも張られています。


DSCF1216.jpg


DSCF1207.jpg


DSCF1204.jpg


ルートは崖の合間を通してあり滝慣れていれば無装備でもいけなくはないと思いますが
決して安全とは言える場所ではないです。


もう目的の滝はすぐですがその前に目に飛び込んでくる渓水の美しさの素晴らしきこと!

IMG_1283.jpg


IMG_1288.jpg


美しい・・・
曇天模様でしたが晴れていればなお輝きを放ったと思います。


では本命の「男」の滝へ。

IMG_1282.jpg


IMG_1243.jpg


IMG_1277.jpg


IMG_1261.jpg

IMG_1252.jpg


YAZAWA(矢沢)の滝。

まさしく「男」の代名詞。
落差は大きくないですが見事な岩盤美を持つ滝です。
実に滝下に立つのは6年ぶりで水が美しいのは記憶していましたがここまで
だったとは覚えいませんでしたので新鮮な感動でした。


DSCF1203.jpg

鹿さんがいてちょっとびっくり。


滝下を満喫してYAZAWAの上段へ。


IMG_1294.jpg


IMG_1299.jpg


YAZAWA上段

依然訪れた時と眺めが少し変わっていました。
手前の流れに大岩が崩れてきてしまっておりました。

以前はそこから匍匐前進で濡れながら滝の裏見ができたのですが。
今回ひそかに楽しみにしていたのでちょっとガッカリ。

しかしあきらめ悪くチャレンジ。

DSCF1211.jpg


DSCF1212.jpg

DSCF1214.jpg

何が何やら・・・
しかし目の前数センチで落水する凄い迫力。
私の知る限りである意味最強の裏見の滝です。


久々にYAZAWAを見に来ましたがやはり素晴らしく、とても満喫できた一日でした。




29日もちょろっと出かけてきました。

DSCF1221.jpg



DSCF1222.jpg

DSCF1223.jpg


まずは深山湖へ。
この日も曇天模様が残念ですがここは結構すきな場所です。

先日のYAZAWAが良かったので軽い気持ちでYAZAWAの上流を散策してみました。
前に調べたところYAZAWAの上流には滝らしい滝がないとの事だったのと林道が通っているので
三脚いらないだろうと普段の格好でカメラだけもって出発しました。


IMG_1311.jpg

やはりYAZAWAの上流、水は綺麗です。



IMG_1312.jpg


IMG_1315.jpg


IMG_1316.jpg

IMG_1317.jpg



林道の様子。
残雪もしばしば。見下ろす沢にはコバルトブルー。


しばらく歩くと

IMG_1367.jpg

滝が!ある!

期待していなかった滝があり三脚をもってきていないことに激しく後悔。
とりあえずは滝下へ。

IMG_1373.jpg


IMG_1378.jpg

落差は5mないほどですが幅広の美しい滝です。
美しい滝壺が特徴的です。

帰ってから調べたところ、「二階滝」という名があるそうです。
知っていたらなぁ・・・


気を取り直して先へ。


IMG_1318.jpg

大きな池。美しい水を湛えている。
晴れていたら・・・

IMG_1321.jpg

道から沢を見下ろせば所々に美しい水色。


そして・・・

IMG_1327.jpg

もう一つ滝が!!

IMG_1344.jpg


IMG_1346.jpg

IMG_1360.jpg


IMG_1353.jpg


この滝は「大滝」と呼ばれているそうで
落差は8mほどの滝ですが、とても美しい!
長い時間をかけて岩盤を抉り取ったであろう滝水は
滑らかな流れを見せコバルトブルーの滝壺へ吸い込まれていきます。

この眺めに感動です!
なぜ!三脚を持ってこなかった!!


素晴らしい滝との思わぬ逢瀬を後にしさらに上流へ。

地形図上の水道設備とおぼしきところへ。

IMG_1322.jpg


集水域が広い割には水量が少ないと思っていましたがこの施設でかなりの水量を取水されているようです。
この施設ができる前の下流の滝たちはさぞや今と違う壮観な眺めだったに違いないでしょう。
人の営みの一部ですから良いか悪いかは簡単に判断できないところですね。


IMG_1323.jpg


しかしこの水の碧さ、やばいくらいに綺麗。

道はこの先廃道と化しているようでしたので今回はここまで。

まだ殺風景な眺めでしたが、新緑や紅葉の時期に改めて再訪したいなと思います。
そして機会があれば滝はないということですがさらに上流を探索してみるのも面白そうです。


矢沢の水の美しさに魅了されまくりの二日間でした!素晴らしかった!!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。