FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-11-27 22:52 | カテゴリ:未分類
本来ならば岐阜県へいこうと思っていた10月のある週、
10年に一度とやらの台風のせいでその話も吹き飛ばされ…

外は大雨でしたが滝を見たくなり止むのを期待して栃木の月山へ。
結果として雨はやむことなく降り続けました…。

IMG_9902.jpg


IMG_9910.jpg


IMG_9912.jpg


IMG_9918.jpg


IMG_9920.jpg


15m無名滝

下流の滝をいつも目当てにして素通りすることが多いこの滝。
この日はじっくりと撮影。

撮影する位置でいろいろと表情をかえるので面白い。

紅葉はまだまだでしたが
紅葉見ごろで水量が多ければ中々の景観になるでしょうね。



IMG_9925.jpg


IMG_9927.jpg


8m無名滝

大雨は普段は涸れた沢にも滝を生み出していました。
中々面白い流れです。


IMG_9947.jpg


IMG_9952.jpg

下流渓流瀑

こちらも滝と呼べるほどの規模ではないですが見ていて面白かったので撮影。



さぁいよいよメインの月山夫婦滝へ!

IMG_9928.jpg


おお!
轟々とすさまじい勢いで落水しています!とんでもなく見事な光景ですが
瀑風と大雨がダブルで吹き荒れてとても撮影できる状況になく撤収。

続く30m無名滝も同じ状況のために撤退。



全身びしょびしょになり満足な撮影もできませんでしたが
なんか楽しい一日でした。


スポンサーサイト
2013-11-21 22:54 | カテゴリ:山行
IMG_9952 (2)



那須再訪…


体育の日三連休、尾瀬を後にして翌日は紅葉も見ごろで天気も快晴とのことで那須の両部ヶ滝へ再訪することに。
茶臼岳の駐車場に到着したのは午前2時すぎ。
そのころには一番上の駐車場は車がいっぱい。ひとつ下の駐車場で仮眠。


DSCF9873.jpg


DSCF9871.jpg



午前六時ごろにもとなかさん、はんぺんさん、ゆかさんと合流し出発。
昨年はロープウェーで登る計画を立てたが今年は登山道からアプローチする計画。


IMG_9818.jpg


IMG_9828.jpg



登山道から眺める朝日岳。
朝焼けの空と冷涼な空気に清冽な印象を受ける。昨年のような大風はない。
今年は昨年よりも紅葉の進みが早いような気もしていた。


昨年はひょうたん池方面から三斗小屋温泉方面へ進んでいったが
今年は茶臼岳に陽光があたる時間を狙いたいとの思惑から昨年のルートの逆を行く。


DSCF9889.jpg



IMG_9843.jpg



IMG_9841.jpg


那須岳避難小屋へ下降していき三斗小屋温泉方面へ。
美しい紅葉の中を抜けていく。
那須岳付近の紅葉の進み具合と比べるとここらはまだ早い感じだ。


御沢へのアプローチは昨年と同様にテープを便りに下降する。
正規の登山道ではないが多くの人が入っているので踏み跡はしっかりとしている。

最後の藪をかき分け沢に降り立つと滝が目の前に現れる。


IMG_9862.jpg


IMG_9867.jpg


約一年ぶりの再訪
相変わらず見事な眺めだが紅葉の進み具合は日が早い分か進んでいない。

青い空が滝の頭上に見えていて時間があれば滝に日が当たるのを待ちたいところだが
時間の関係もあり撤収する。

その前に下流の滝へも寄っておく。


IMG_9914 (2)


IMG_9903 (2)


昨年は色鮮やかに色づいていたが今回はまだまだ。
色づいていないものの日の明るさと黄緑の色合いが中々綺麗だった。


ここから来た道を戻り返そうとしたが踏み跡があらぬ方向へ伸びている。
地形図を確認するとショートカットになりそうでそちらを進んでみる。

やがて廃道と思しきところに出てそこで地元?の方と出会い帰るルートを教えてもらう。


が、これが中々の藪道で難所はないものの面倒であった。
とはいえ確かにショートカットではあり程なくして正規の登山道へ復帰しひょうたん池方面へ。

そこから茶臼岳を望む。



IMG_9958.jpg


IMG_9962.jpg


雲のない快晴の空に白煙を吹き上げる那須岳、その美しさは見事なり。
那須岳周辺の紅葉は昨年より進んでいるようだが穏やかな秋空にたたずむ雄姿は
素晴らしく昨年とも違う感動を覚えた。


紅葉としては昨年の方が条件が良かったが
今回は今回で素晴らしく来て良かったと本当に思えた。

今年は那須岳は秋に天候不順が続き中々快晴に恵まれなかったそうで
訪れたこの日がベスト1DAYだったのかもしれない。


もとなかさん、はんぺんさん、ゆかさん、どうもありがとうございました。




IMG_9999_20131121230125a8e.jpg


2013-11-19 21:17 | カテゴリ:未分類
三条の滝、日本一の水量の呼び声高い尾瀬にある大瀑布。

かつてその滝壺を目指さんと三度挑んできた。

一度目は雪解けの大水量で断念。

二度目はこれまた大水量にて断念。

三度目はルートミスにて敗退…。


そして四度目の挑む時が来たッ!

10月の体育の日の三連休の中日がその時!!

三条の滝へ挑むはもとなか氏、はんぺん氏、ゆか氏、たっくん氏、おさる氏に私を含めた6名。

オシャンティを合言葉にいざ!!


DSCF9778.jpg

ここが御池の駐車場だッ!
朝からたくさんの人がいるッ!!

DSCF9780.jpg


準備を整えて入口から出発だッ!


DSCF9782.jpg

DSCF9783.jpg

雨上がりの空は晴れ間がチラチラ!
頼むッ晴れてくれッ!

DSCF9786.jpg


木道が新しくなりつつあるッ!

DSCF9792.jpg


道はあれど中々険しいぜッ!!

DSCF9789.jpg


紅葉が見事ッッッ!!!


DSCF9791.jpg


近い!奴は近いぞッ!!


DSCF9794.jpg


見えた!!奴だッッッ!!!


逸る我らは展望台を素通りし、下降尾根へ。

IMG_9799.jpg

クゥ~見事なりッ!!!

かつてここで三度阻まれたが今度こそ決着をつけてやるッ!!

DSCF9819.jpg


下降尾根にロープをセットし懸垂下降で下降。
傾斜はそれほどきつくないが滑ると掴まるものに乏しく危険ッ!

DSCF9805.jpg


傾斜のおちついた所に降り立つがここからどう行けばいいんだッ!?
バンドはあるが掴まるものなく滑れば危険だッ!!


IMG_9783.jpg

ここまできて諦めるのかッ!?

DSCF9803.jpg

ここはもとなか氏が機転を利かせメインロープ末端に別にロープを繋ぎ振り子方式で突破ッ!
さすがもとなか氏!そこにシビれるッ!あこがれるぅッ!!!



あとは念願の滝前だッッッ!!!


IMG_9795.jpg


待っていたぜ!この瞬間(とき)をよォ!!!


DSCF9839.jpg



とんでもない迫力ゥ迫力ゥ!!!

DSCF9852.jpg

何て水量だッこれ以上は近づけないッ!!


DSCF9858.jpg

とんでもない大瀑布だッ!!
ついにやったぞ!やってやったッ!!!








めいめい三条の滝を満喫して撤収。
昼食を展望台にて摂りました。

さすがに展望台まで戻った時は一般の登山客からは怪しまれましたね。


IMG_9806.jpg

展望台からの三条の滝

色づいた木々が彩りを添えて美しいです。



DSCF9865.jpg

DSCF9870.jpg

展望台を後にして帰路に着きます。
滝壺では結局晴れ間はでてこず帰り道に少し空が青くなってきていました。


期待した滝壺青空は叶いませんでしたが念願の三条の滝壺に行くことができ満足です。
次回再訪することがあるなら是非青い空の三条滝壺を目にしたいですね。


この日ご一緒いたしました、もとなかさん、はんぺんさん、ゆかさん、たっくん、おさるさん
大変お世話になりありがとうございました。

素晴らしい眺めをご一緒できて幸せでした。
2013-11-13 23:06 | カテゴリ:その他
8、9月は夏の繁忙期の疲れからか滝へ行く気力も減退してろくに活動してませんでした。
おまけにパソコンも寿命を迎えブログ更新もしばらくできず。
ようやく新しいPCを購入したので久々に更新。

先述の通り8、9月はろくにかつどうしていなかったのでダイジェストで。


IMG_9122.jpg


IMG_9116.jpg

栃木のアテラ沢大滝

大滝とはいいますが実際は無名滝で落差も7mほど。
これといった特徴はないものの水がきれいで流れの美しい滝です。


IMG_9161.jpg

IMG_9156.jpg


アテラ沢の流れ


IMG_9172.jpg

おしらじの滝

同じ日に行ってみましたがこの日は水が流れてませんでした。


お盆は岡山へ帰省して

IMG_9178.jpg


IMG_9196.jpg


IMG_9197.jpg

二軒屋の大滝

私の最も愛する滝です。
そのたたずまいはかわらずでした。


IMG_9182.jpg


IMG_9188.jpg

IMG_9181.jpg

大滝下流の流れ


IMG_9205.jpg


蛇谷の滝


IMG_9222.jpg

IMG_9239.jpg

上流の三段の滝


それぞれ大きな滝ではないですが故郷の滝はやはりホッとします。



お盆明けからは中々滝へ行けず…

IMG_9411.jpg


IMG_9270.jpg


IMG_9582.jpg


IMG_9522.jpg


IMG_9461.jpg


IMG_9571.jpg


ファイヤー!!ボンバー!!!



このあたりから滝へは遠ざかり…


IMG_9611.jpg


IMG_9629.jpg


IMG_9631.jpg


岡山から出張してきた同僚を案内してひと月ぶりに滝へ。
この辺はあまりにも有名な滝なので説明は不要でしょう。


この時期が一番滝へ対する意欲が落ちており三連休を利用して遠征するも、


IMG_9641.jpg


IMG_9674.jpg

色麻大滝


IMG_9697.jpg

荒沢の大滝


の二つだけ見て帰ってしまうようなことに。
ちょっと疲れがたまってたのかもしれないです。


翌週は気分を変えて軽く山へ登ろうと思っていましたが


IMG_9718.jpg

東大芦川の美しい水色を見かけると滝や渓流が見たくなり付近をぶらり。

IMG_9727.jpg

三蔵の滝


IMG_9730.jpg


IMG_9736.jpg

橋の下にある渓流瀑

小さな流れだけれどもとても心魅かれた。

IMG_9740.jpg



IMG_9745.jpg


しのざわ滝


大きくはないけれどいい滝ばかり。

ここまで来たらと久々に渓谷奥にあるナル滝へ。

IMG_9760.jpg

ちょっとプチ沢登りをして…


IMG_9751.jpg

IMG_9759.jpg


ナル滝

落差10mないくらいの小さな滝です。
前回来たときはもっと水量が多くて迫力ありましたが今回はやや少ない。
けれどほの暗いゴルジュの岩盤に一筋の白線が走る様は趣深いです。



IMG_9762.jpg


IMG_9771.jpg


IMG_9765.jpg

棒滝

落差10mの小さな素朴な滝です。
これといった特徴はないもののこの素朴さが私の心をとらえてやまない
大好きな滝の一つです。
何度来飽きないですね。



8、9月はこんなもんでした。
10月へ続く~



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。