-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-01-23 20:35 | カテゴリ:氷瀑
土曜日に下見に行ってきた栃木のとある滝。

氷瀑になることは確信していましたがどの程度のものになるかは
分かりませんでした。

しかし遠望よりのその威容は…!!

フォト

なんともいえぬ威容を湛えており滝下まで行きたいと言う気持ちに
させてくれました。

土曜はちょっと寝過したため下見だけで本番は日曜へと。


本番の日曜。

現地には昨日のうちに雪が降ったようで下見の時よりも積雪が増しておりました。

フォト

少し躊躇いはあったもののこの日を逃すと次は何時?との思いから決行しました。


フォト フォト

膝下までズッポズッポしながら急な斜面を下っていきます。

フォト

新雪には鹿か猪と思われる蹄があるだけでさすがに人のモノと思われるものはありませんでした。

慎重にルートを選び急な斜面を下っていき滝を目指します。
そしてその姿がどんどんと近くなってきます。


フォト

滝の下流から近づいて全景を拝んだ時のその時の感動たるや…!!


フォト

フォト

フォト

フォト


落差50m超の断崖絶壁を裂くようにそびえる静かな威容と迫力。
栃木で有名な氷瀑といえば雲竜瀑ですが、この滝の迫力たるや
雲竜瀑にも決して引けを取らないと私は思います。


誰も居ない滝前の贅沢な空間を一人満喫いたしました。


この滝の隣の沢にも落差80mを超える滝があるのでそちらにも向かいました。

フォト

こちらも完全に凍結していましたが新雪が吹きだまっているのと
斜面がかなり急な為単独では危険と判断して下部だけを遠巻きに眺めて
今回はあきらめました。


帰り際に別沢に落ちる30mの滝も見に行ってみました。


フォト

フォト

フォト


滝の下部が昨晩の新雪に埋もれてしまっているのが残念ですが
青い空に映えて何とも美しい景観でした。
やはりこの滝は美瀑です。本当に素晴らしい。


ここは狭い範囲で性格の違った氷瀑を見ることができる
栃木でも秀逸の素晴らしい氷瀑ポイントです。

できれば有名になることなくアイスクライマーが寄りつくことなく静かな環境で
あってほしいと思います。




追記として。
今回は単独でこの滝を見に行きました。
難所らしい難所のあるところではないですがこの時期は雪山であり
斜面が急で切り立った所も多く雪崩や滑落の危険性が大きいところです。

土曜日に下見してこれ以上の積雪があれば到達は困難になると判断して今回決行しました。

結果としては無事に帰ってこられましたが実際に行ってみて実に軽々に
行動していたと思います。
少なくとも単独で行くところではなかったです。
勢いやその時のテンションに任せての行動を取る時が自分にあるので
時には自重するなどしなければならないと反省すべきと改めて思いました。


この日記を見て行きたいと思う人はそうはいないと思いますが
場所が場所だけにこの日記は限定公開とします。
スポンサーサイト
2011-01-17 22:05 | カテゴリ:氷瀑
日曜日に昨秋にも訪れた栃木の足尾にある深沢大滝へ氷瀑を見に行ってきました。

大雪が降らない限り特に問題ない道のりでしたが…
よりにもよって前日にドカ雪が降ってしまったのでした。がまん顔


滝自体は登山道沿いにあるので多少積雪があっても難所はないので
問題ないと思い予定通り決行しました。
この日の同行してくださったのはたっくんとちさとさん。

林道終点まで積雪はあったもののなんちゃって四駆の我が車でもなんとか
入ることができ出発。

フォト フォト

フォト

積雪がしっかりとあります。

フォト

先客がいたようで車と足跡が我々の前に続いていました。
氷瀑目当てかと思いましたがどうやら漁師さんでした。

積雪さえなければなんと言う事のない林道ですが石や礫が雪に隠れて
ちと歩きづらかったです。

フォト

出発してから一時間ちょっとで滝のあるポイントまで到着。
傾斜のきつい斜面を下るのでロープを出して降りました。

そして念願の滝とのご対面!!…しかし

フォト


雪で滝が隠れてしまっています。泣き顔


フォト

上部の僅かな隙間から氷柱が見えているのがせめてもの救い涙


滝は表面は凍結しているものの内部を水が流れており
全体の7~8割程度といったところでした。
完全に凍結するにはちょっと早かったようです。

下段の滝は緩やかな傾斜なので完全氷結すれば軽く
アイスクライミングして遊べそうです。
本当はそれも目論んでいたのですが…。

氷柱の具合からして雪さえなければ見ごたえありそうな滝で
それだけに残念でした。

フォト フォト

氷柱


この後はこの近くの庚申渓谷の庚申七滝を車止めゲートが
開いていたので侵入し見物。

フォト

庚申七滝 下部


たっくんとちさとさんに庚申渓谷をちょこっと案内して
午後1時ちょっとすぎにこの日は早めの解散。


私はせっかくここまで来たのだからと群馬入りして桂戸の不動滝を見て
帰宅の途へ。

フォト

フォト

桂戸の不動滝

この滝の雰囲気は結構好きでお気に入りです。ウッシッシ



深沢大滝の氷瀑はなんとも残念な結果に終わってしましまいました。
大雪が降る前に向かうのが吉でしょうが中々難しそうです。
ただ期待通りの素晴らしい氷瀑にはなりそうで来年以降にリベンジしたいなと思います。

最後にこの日ご同行頂いたたっくんとちさとさんには
申し訳ないと思いつつ感謝です。またよろしくお願いします。
2011-01-10 20:37 | カテゴリ:その他
次の日曜に昨秋にもいった深沢大滝の氷瀑見に行く予定なのでその前に下見。

フォト


フォト

雪は少ないだろうと思ってたけども林道終点まで車で入れた。
登山道入りも沢に多少の氷結は見られるけども特に問題ないよう。

周りの山々の眺めからして滝付近まで積雪はあったとしても多くはなさそう。


帰り道は適当にブラブラ。

フォト

車道から見えるプチ氷瀑。

フォト

プチ氷瀑その2 どちらかというと氷壁。
まずまずの眺め 高さ10~15m位。

フォト


フォト

とある水源地からの眺め。



後は当日まで気温が低く続き完全結氷になることを祈るのみ。ぴかぴか(新しい)

2011-01-02 16:34 | カテゴリ:その他
フォト

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

行きたい滝はたくさんありますが、
何より安全に無事に楽しく行ける滝見を目指したいと思います。

今年の滝初めは岡山の神庭の滝でした♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。